C++ワンポイントレッスン Lesson-1 i++ と ++i の違い

前置きと後置きの演算子

前置き++と後置き++の違い < レジスタ変数時>

C++での記述
if (i++ < 10) Hoge(i)

生成されるアセンブラ
mov ebx, eax
inc eax
cmp ebx, 10
jnc L1
push eax
call Hoge
L1: 
C++での記述
if (++i < 11) Hoge(i);

生成されるアセンブラ
inc eax
cmp eax, 11
jnc L1
push eax
call Hoge
L1: 

前置き++と後置き++の違い < レジスタ変数時> 結果

※実際には、この程度のコードならほとんどのコンパイラは最適化が可能なので、実行時の差異は生じません。
※生成されるアセンブラはイメージです。実際にはコンパイラによって生成されるコードは異なります。

前置き++と後置き++の違い <クラスオブジェクト時>

C++での記述
CFoo foo;
if (foo++ < 10) Hoge(foo)

インライン展開されるコード
CFoo tmp = foo;
foo.m_value.plus1();
if (CFoo::operator < (tmp.m_value, 10))
{
  Hoge(foo)
}
C++での記述
CFoo foo;
if (++foo < 11) Hoge(foo);

インライン展開されるコード
if (CFoo::operator < (foo.m_value.plus1() , 11)) 
{
  Hoge(foo)
}

前置き++と後置き++の違い <クラスオブジェクト時> 実装

CFooの実装は以下のようになる。

struct CValue {
  CValue & plus1();
}
bool operator < (const CValue&, int);

struct CFoo {
  CValue m_value;
  CFoo() {}
  bool operator < (int n) { return m_value  < n; }       
  CFoo& operator ++() {
    m_value .plus1();
    return *this; 
  }
  CFoo operator ++(int) {
    CFoo tmp = *this;   //<- オブジェクトの生成とコピーが発生
    m_value .plus1();
    return tmp;         //<- オブジェクトの生成とコピーが発生
  }
}

前置き++と後置き++の違い <クラスオブジェクト時> 結果

前置き++と後置き++のパフォーマンス測定

STLのvector<int>とmap<int,int>のiteratorをインクリメント(++)する実行時間を、前置きと後置きで比較してみました。

オブジェクトmap<> iterator++map<> ++iteratorvector<> iterator++vector<> ++iterator
実行時間(Releaseビルド)1.3008150.3004590.5672460.566541
比率100.00%23.10%100.00%99.98%
実行時間(Debugビルド)1.3617220.1081101.2031010.157290
比率100.0%7.94%100.00%13.07%

この結果を見ても、意味のない i++ を書きますか?


[ 戻る ]

※測定環境 Athlon64 3.0GHz x2 VisualStudio 2009

ssacontents


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS